最新情報
2020.07.29
バルシューレイベントのお知らせ
2020.07.02
令和元年度 第2回バルシューレジャパンC級指導者養成講習会 オンライン講座(座学)
2020.07.01
バルシューレジャパン Ballschule japan 公式サイトリニューアル

バルシューレ(Ball Schule)とは

Ball Schule(バルシューレ)は英語に訳すとBall school(ボールの学校)という意味です。
バルシューレはドイツ・ハイデルベルク大学スポーツ科学研究所のロート教授によって
1998年に開設された子どものボールゲーム指導プログラムです。

Ball Schuleのモットーは,“自由にプレーさせる” “習う前にやってみる”ことを重視し,
子どもが楽しみながら様々なボール,様々なゲーム空間で多様な運動やゲーム経験を積むことです.

バルシューレの特徴

・科学に基礎づけられたプログラム

・専門的な指導者養成

・変化のあるゲーム素材

・多様なゲーム形式

子どものためのボールゲーム指導プログラムから始まったバルシューレは,
現在では,すべての子どもための健康運動プログラム,
タレント発掘プログラム,レクリエーションプログラムへと発展しています.

日本におけるバルシューレ団体

バルシューレの目標

全ての子どもに
楽しい身体活動を

子どもたちとって,より多くの身体活動を実施は,全面的な発達をサポートすることが期待されます。適切な運動プログラムは,子どもの体力・運動能力の向上のみならず,認知的能力,心身の健康の改善に寄与することが期待されます.

ボールゲームの
世界への入り口

バルシューレはボールゲームの導入プログラムです. 1歳半頃~小学校年代の学習段階に適したメニューを提供します.多様な運動やゲームを通じて,戦術・コーディネーション・技術の能力をバランスよく身につけることを目指します.

指導理念

バルシューレは4つの指導理念に基づいて指導されます

多様な運動やゲームの経験

子どもの発達に適したプログラム

楽しいと感じる学習

修正指示のない指導